結婚を急いでいる人へのアドバイス

結婚は、タイミングだと言う人がいいますが私はまさしくその通りであると思います。
縁があれば縁談もまとまるでしょうし、その人と運命でなければまた別の人と出会う時期が訪れるでしょう。
それを待たないで早く結婚がしたいばかりに焦っても、それが良い人生に繋がるとは思えません。
ある英国の作家の言葉で、次のような言葉があります。
「悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎすぎた人です。
よい夫が得られるなら、いくら結婚が遅れても遅すぎるということはありません。
」私はこの言葉の通り、障害をともに過ごす相手は慎重に探してもいいのではないかとおもいます。
子供が早くほしいから、急ぎたいという人もいますが、自分が幸せでいなければ生まれてくる子供も幸せじゃないということを、忘れないでください。

近年結婚に反対される理由

近年では核家族が増加し、結婚後における互いの両親との関係は一昔前より格段に薄くなっています。
そうした中でも結婚相手に関して両親の意向が働くケースもいくつか存在しています。
なかでも反対されるケースが多いのは経済問題です。
結婚相手に借金やギャンブルによる浪費傾向がある場合、将来を思いやって否定的になるご両親が少なくありません。
同様に相手が離婚経験者の場合、お子様を出産しているかどうかによってご両親が反対する場合があります。
こちらも血の繋がらないお子様の養育に関連する苦労を思い、反対するようです。
一方近年ではご両親の反対によって結婚への決断が左右される時代ではなくなりました。
これからは益々男女の意向が重要になってきます。