一生涯のパートナーをみつけたくなる

結婚は愛を知る事であり、相手を慈しむ心が必要なことであると思います。
結婚に対してよいイメージを持っていない人、逆に理想が膨らみすぎて結婚を急いでいる人と、人は様々な観点で結婚に対してイメージを持っていると思います。
私はどちらかというと前者でそこまで良いイメージは持っていませんでした。
しかし、ある映画をきっかけにこんな愛に恵まれたいと思うようになり、良い理想を持てるようになりました。
その映画は、ノッティングヒルの恋人という映画です。
かなり有名な映画なので、一度はみた事があるかもしれませんが、この作品の佳境のシーンで私も愛する人に愛されたいと願う一人の女の子なのと男性を諭すシーンがあり、そこで自分が特別愛に飢えてるわけじゃない、人に愛されたいと望むのは恥ずかしいことではないんだと感じることができました。
どんな価値観を感じていただけるか、人それぞれだと思うのでみた事がない人は是非一度ご覧頂き、作品の乾燥を教えていただきたいです。

結婚に対する反対と時代の変化

一昔前の日本において結婚は当人同士の関係だけでなく、「家」に関わる大切な契約でした。
そのため家柄が釣り合わない男女の結婚は親や親族に反対され、困難が大きいものでした。
現在では家柄にこだわって結婚を反対するケースは少なくなりましたが、一方でお相手の経済状況や性格を考慮して親族に反対されるケースは現在も存在しています。
特に伴侶となる予定の人に借金やDVの事実がある場合は否定的になる親族が多いのです。
また結婚後に夫妻が両親と同居する場合は、婚約者に対して親が口出しをする場合もあります。
一方、近年では両親の反対を押し切って入籍する事が社会的に咎められる行為ではありません。
従って婚姻に関係する親族の意向は現在ではあまり大きな意味をなさない時代になりました。