結婚の際に必ず確認したい家庭事情

結婚は、お互いの意志で行うものでありパートナーと自分の人生を考えることが第一であると私は思います。
しかし、結婚をするということで、特に女性は名字が代わり相手の籍に入ることとなります。
そこで気にしなければいけないのがパートナーの両親の問題です。
私も結婚の際には確認をしたことがありますが、将来、ご両親が年齢を重ねて自分たちだけでは生活をするにも支障がでてしまった場合は、同居を望まれているのか、それとも自分たちだけで生活を続けたいからホームヘルパーなどを時間で雇いたいのか、確認をしておくことがパートナーとの人生設計をする上で重要なことであると感じます。
自分たちだけの希望だけではなく、自分たちがお世話になった両親などに対し、敬意を表ししっかりと計画を建てることが重要であると感じます。

現代における結婚後の別居

結婚と言えば新しく始まる新婚生活をイメージするものですが、最近は入籍した後も別居を維持する夫婦がおられます。
こうした別居スタイルの家庭は、主に男女の仕事が影響を与えているケースが多いものです。
それぞれ日本や世界各地を飛び回る仕事をしている場合、共に暮らしていてもすれ違いが続きます。
一方同居していれば家事や食事の準備で相手に気を遣わなければならないものですので、これが軋轢を生みかねません。
そうしたリスクを避けるために、結婚後も別居を維持するご家族がおられます。
また女性の出産を控えて一時期別居するご夫妻も沢山おられます。
生まれ育った地域で出産を望む女性は、出産直前にご両親のいる家に帰る場合があります。
これにより家事をしなくて済みますし、精神的な安心感も得られます。