結婚への決意を持ってほしい

結婚は、非常に清廉なもの同士でなければ決して最期へ達することができないと私は思います。
結婚は、相手を許すことや相手を受け入れることを忘れないことが大切だと、個人的には思います。
だから結婚式でも誓いの言葉が存在するし、神の前で誓った愛を裏切ることは決して許されないと思います。
英語の名言でも、このような言葉があります。
誰かを愛する感情はたんなる激しい感情ではない。
それは決断であり、約束である。
もし愛が単なる愛情にすぎないとしたら「貴方を永遠に愛します」という約束はなんの根拠もないことになる。
この言葉は最もだと思いますし、愛するということは好きだという感情よりも尊いものであり、結婚生活には必須だと、私は感じます。

男女が結婚を意識する瞬間

交際している男女が結婚を意識する切っ掛けは、様々にあると言われています。
なかでも男性が女性を意識する時とは、相手の家庭的な一面を見た時が多いと言われています。
些細な事に対するマメな側面が見えたり、子供に対する思いやりを見た時に、恋人が妻として意識されるのです。
また女性が男性を結婚相手として意識する時とは、精神的なバックアップを得られた時が多いようです。
風邪で寝込んでいたり、仕事のミスで精神的に傷んでいる場合に助けられた場合、この人と一生添い遂げたいと思う事が多いとされています。
互いに一時のときめきではなく、生涯を共にいられるビジョンが浮かんだ時、相手が恋人ではなく伴侶として見えるものなのです。